「あなたのことはそれほど」を観て

久しぶりに興味のわくテレビドラマ発見しました。 

「あなたのことはそれほど」

っていう、波留さんが主演のドラマです。

ずっとずっと心にしまっていた気持ちがドラマとリンクするところがあったからです。

小学校からずっと好きだった同級生、社会人になってもどこかで会えたらうれしいなと思っていたり、何かしらきっかけがないかなと小さな願望を持っていたり。

結婚して子供が生まれて幸せな人生は送っているけど、どこか刺激が欲しいというか。

かといって世間から外れることがしたいわけでもないし、なんて考えていたら自分ももう、いい年を迎えていました。

たまに胸キュン映画なんか見に行ってホッコリしていたら、なんと驚きの娘と息子が憧れの彼と同級生だったことがわかりました。

しかも同じ学校で、同じクラスになってしまいました。

神様がいるとするならば、意地悪だなーと思ったり、やったーと思ったり。実際にこういう状況に立たされると人間はどんなにそれが望んでいた事であってもドギマギしてしまうものなのですね。

でも、やっぱり嬉しいのが正直な気持ちです。

なんと子供同士が仲良くなり最終的には、彼の奥さんと仲良くなるはめに。

繋がっていることは嬉しいけど、微妙です。

これから、娘や息子が中学校にいっても付き合いがあると思うと微妙です。

どうにかなりたかった昔の自分と長年思っていた事を知っている彼。

私はきっとずっと彼への気持ちと葛藤していく人生なんでしょうか。

苦しいな。夫にも悪いけど誰にも言えないこの気持ち、どうにかしてほしいな。

でもやっぱり会いたいな。何だか複雑です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です